キャッシング枠は最大いくらまで可能?


キャッシング枠はそれぞれの人の信用に応じて限度額が決まるものであり、原則としては「たくさん貸しても返してくれそうならばたくさん貸す」といったようになっています。
ただこれだとあまりにも曖昧すぎますから、強いてキャッシング枠の上限がいくらかということについて答えを出すのならば「年収の1/3が一つの目安である」と言えます。
まずキャッシング業者が貸金業者だった場合、そこは総量規制の影響を受けるため法律的に個人の年収の1/3が上限になってしまいます。

こればかりは法律で決まっていることですから、一部例外とされるおまとめローンやビジネスローンといった制度を利用しない限りは年収の1/3以上を借り入れることはできません。
またキャッシングについて勉強している人だと「銀行系業者なら総量規制の対象外になる」ということを知っているでしょうが、これは確かにその通りです。
しかし総量規制の対象外になっているから総量規制の額以上を貸し付けてくれるのかと言われると残念ながらそうでも無く、銀行は貸金業者よりも貸し倒れのリスクを嫌うために総量規制の額以上を貸し付けてくれることが少ないのです。
もちろんお金を借りる信用さえ優れているのならば貸金業者の上限である総量規制の額以上の貸し付けをしてもらうことも不可能ではありませんが、それはよほど信用が優れている人に限った話でしょう。
従って、キャッシング枠の上限は年収の1/3程度であるといったように覚えておいてください。

関連記事